太陽光発電や蓄電池といったエポックなシステムは住宅にこそ必要

塗装

失敗しないプランニング

ウッドデッキの平均価格

設計図

庭付きの家にに住んでいると意外と大変なものに庭の管理があります。雨が降るとすぐにむきだしの地面がぬかるんでしまったり、踏まれた芝がはげてしまったりして、使い勝手も見た目にも悪いものです。そのような事から、近頃ではそのような欠点を解消出来るウッドデッキが人気を集めています。 ウッドデッキの取入れを検討するにあたって気になるのはその費用です。よく住宅関連の工事は費用が不透明で不安になる、という声を聞きますが、ウッドデッキの費用に限ってはそのような曖昧さはないものです。 その理由として、小工事である事、構造部材の材積や工事日数が正確に把握出来る事、更地に設けるため不慮のトラブルがない事などが挙げられます。 価格の目安としては、天然木材を使用するか、木粉と樹脂を混ぜた人工木にするか、手摺りを付けるか、付かないかなどによって変わってきます。また、傾斜地かそうでないかなど、立地条件によっても変わってきますので、平均的な価格を求めるためにも複数の業者に見積もりを依頼してみましょう。

長持ちさせる秘訣

ウッドデッキは基本的に天然木材で作られています。天然木材の長所として見た目の美しさや風合いがありますが、その反面、数年に一度の下地材の防水・防腐塗料の塗り直しなどのメンテナンスが必要となってきます。 また、ウッドデッキは直射日光や雨水が直接当たる外部に設置されているので、そのようなメンテナンスを行っていても最長で20年程度、湿気や雨が多い地域ではもっと短いものとなります。 天然木で寿命が長いと言われているのはハードウッドと呼ばれる木材で、樹種として「ウリン」や「イペ」があります。価格は高くなりますが、塗装などのメンテナンスが基本的に不要な材木であり、天然木の風合いを長く楽しみたい方にはお勧めの樹種となります。